環境に優しく。それが私たちの理念です。

バーティカル(垂直軸)風力タービン 地球には無限のエネルギー資源があります。
日本のエネルギー問題を解決するには「エネルギーの地産地消」です。
特に身近にある太陽光と風力でかんたん気軽に電気を発電することができます。

太陽光では1日2-3時間の安定した充電が得られると言いますが、気象状況や季節によって左右されます。
風力発電は風さえあれば24時間発電しますが、風が無ければ発電は見込めません。どちらも一長一短あります。

地産地消 今までは発電した電気は売電することが主流でした。
しかし、これからは必要な電気を蓄電して蓄電した電気を使う「地産地消」の時代です。

蓄電する大きなメリットは、電力会社に影響されない事です。
電気代の値上がりも、災害や緊急時の停電も心配ありません。
その他に、節電を気にせず気兼ねなく電気を使う地球にやさしいエコ生活ができます。

バーティカル(垂直軸)風力タービン 風力発電機は大きく分けて、一般的に目にする発電機はプロペラ型の水平型(ホリゾンタル)と垂直型(バーティカル)の2種類があります。
しかし、特に大型の水平型(ホリゾンタル)発電機は低周波音で頭痛、不眠、めまいなどの人害も多く発表されています。
また貴重な野鳥などの被害も多く確認され、環境には否定的な結果となっています。 日本のように土地の狭い国にはホリゾンタル発電機は適していないようです。

バーティカル(垂直軸)風力タービン それに比べ、バーティカル発電機は、これからの発電機の主流となります。 特に強風でも発電し続けるバーティカル特有の構造は、安定した回転構造により振動もなく人体や野鳥などの被害もなく風音も36デシベルと殆ど感じることはありません

発電方法は太陽光と風力の両方の特性を生かしたハイブリッドがお勧めです。風の強い地域では大きめの風力発電機を選び小さめの太陽光にすることで、設置面数の少ない場所でも最大限の発電を確保することができます。
特にビルの屋上では強い風が吹いている事が多いですので屋上での設置はお勧めです。

蓄電システムは、災害用として最低限の蓄電システムから、徐々に発電量と蓄電量を増加して電力会社の契約を打ち切る完全独立型のシステムまで構築することができます。

太陽光追尾システム バッテリーの数を予算に合わせて増やすことで必要な電力を確保することができます。 バッテリーは風力や太陽光発電に適した完全密封型のディープサイクルジェルタイプがお勧めです。

蓄電システムは一般的な家庭用から、グリーンハウスでの野菜や果物成果などの栽培、ビル管理、インフラのない場所に必要な電力を供給することができます。

太陽の光を自動的に追跡し発電量を約35%アップする太陽光追尾システムは土地面積が限られた場所などにも適しています。

動画ピックアップ

バーティカル(垂直軸)風力タービン

バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン バーティカル(垂直軸)風力タービン
垂直軸風力タービンは効率的で音が静か、しかも鳥などの事故も防げ安全です。
小規模の家庭用から大規模まで、ニーズに合わせてカスタマイズすることが出来ます。 デザイン性にも優れ、企業のイメージアップや公園のモニュメントにも活用頂けます。 >バーティカル(垂直軸)風力タービンの製品一覧を見る

ソーラー ストリートライト

ストリートライト ストリートライト ストリートライト
ソーラー・ストリートライトは太陽光発電の自然エネルギーを活用しています。 また電気配線工事やメーターを必要としない為取り付け工事の免許も必要ありません。
この商品は完全一体型の5年間メンテナンスフリーで、組み立ても約1時間と取り扱いやすい商品です。
電気代も無料、CO2も排出せず低コストで導入が可能です。
道路、高速道路、駐車場、車道、公園、歩行者専用の通り、観光地、住宅地など幅広い状況に応じて対応が出来ます。

ハイブリッド ストリートライト

ハイブリッド ハイブリッド・ストリートライトは太陽光発電と風力を併用して両方の長所を生かし自然エネルギーを最大に活用した商品です。
また電気配線工事やメーターを必要としない為取り付け工事の免許も必要ありません。
この商品は完全一体型の5年間メンテナンスフリーで、組み立ても約1時間と取り扱いやすい商品です。
電気代も無料、CO2も排出せず低コストで導入が可能です。